保育所の問題点を分析

保育所の問題点を分析

  • 保育所以外にも関連がある

    都市部に暮らしていても、実は地域によって待機児童の数に変化が出てきているということもあります。たとえば、今暮らしている自治体では待機児童となってしまう、でもとなりの地域に行くと認可保育所に入れるようだ・・ということが起きているのです。

    都市部をみると例えば、オフィスなどが多く都心でもかなり発展している地域には待機児童が少なくなってきているという状態です。住宅地が多い地域は認可保育所もいっぱいで、都心に近付くと次第に待機児童が少なくなっているのです。

    ただ都心に近いところに引っ越しをするという事は、家賃などの相場も一気に跳ね上がるので現実的ではありません。ただその他の地域でも、待機児童が少ない、また待たずにはいる事が出来るところもあるようです。どうしても仕事をやめたくないという場合、お子さんが生まれる前に待機児童数が少ない地域に引っ越すことを選択するご家族もいます。

    こうして考えてみると、待機児童問題はやはりご家族が暮らす場所を変える事を考える等、色々な問題につながっていきます。保育士についても、賃金が働きに対して少なすぎるという大きな問題もありますし、保育士と保育所、また雇用という面もしっかりと考えていかなければならない問題となっています。